TOP > 当協議会の歩み

年代雑誌広告デジタル送稿推進協議会AdobeシステムズAppleコンピュータ
1999・日本雑誌協会、広告委員会内に「EDI研究会」を発足。雑誌広告の取引EDIに関する研究に着手
・「雑誌広告のデジタル送稿」をテーマに「電子送稿研究会」がスタート
※メンバーは協会加盟出版社以外に広告会社(電通・電通テック・博報堂・博報堂アドダム)、印刷会社(大日本印刷・凸版印刷・共同印刷)が参加
・Illsutrator4.0リリース~7.0
・Photoshop1.0リリース~5.5
・Aldas社を買収し、DTP関連のソフトウエアは同社にほぼ統一される
・PowerPCリリース(G1~G3)
デザインの現場などでストレスの少ない画像処理やページ編集が可能になった
2000・電子送稿研究会が「雑誌広告のネットワーク送稿に関する技術的実証実験」を行い、各項目の最適な条件を「雑誌広告印刷セミナー」で提案
・「データ原稿の確認マニュアル」でデータ入稿仕様書、データ入稿確認書を発行
・Illsutrator9.0リリース
・Photoshop6.0リリース
・1999年リリースのPowerPC G4やiMacが市場に出回りDTP環境が加速、マルチメディア対応能力も向上
2001・データ入稿仕様書、データ入稿確認書の改訂版を発行
・JMPAカラーによるデジタル校了の新たな業務フローを提案
(JMPAカラーベンダーキットの頒布開始)
・Illsutrator10.0リリース
・InDesign1.0リリース
・Mac OS Xリリース(Cheetah、Puma)
動作安定性が飛躍的に向上した
※Serverは1999年リリース
2002・PAGE2002でJMPAカラーのセミナー開催
・日本広告主協会と日本雑誌協会でJMPAカラー実証実験を開始
・JMPAカラーリファレンスキットの頒布開始
・日本広告主協会の加盟社を対象にJMPAカラー実証実験結果報告の説明会を実施
・InDesign2.0リリース
・Photoshop7.0リリース
・Mac OS X(Jaguar)リリース
2003・プリンタメーカー8社とJMPAカラー公開実証実験を行う
・トヨタ自動車がJMPAカラー準拠の運用スタート
・IGAS2003(世界印刷機材展)でJMPAカラーの取り組みを出展、特別セミナーで講演
・Mac OS X(Panther)リリース
・PowerPC G5リリース
バージニア工科大学では、G5を連結させたスーパーコンピュータを構築した
2004・PAGE2004でJMPAカラーの最新動向をパネル出展、ジョイントイベントを講演
・「雑誌広告デジタル送稿推進協議会」設立
・JMPAカラーベンダーキットVer.2.0リリース
・IllustratorCSリリース
・PhotoshopCSリリース
・InDesignCSリリース
・Mac OS X(Tiger)リリース
2005・「JMPAカラー準拠フルデータ」制作ガイドブックを発行(仕様書、確認書を改訂)・IllustratorCS2リリース
・PhotoshopCS2リリース
・InDesignCS2リリース
2006・制作ルール「J1、J2」「F1、F2」を策定
・オンライン化に向けた初めての「ロードマップ」発表(PDFフォーマットでの運用を表明)
・Mac OS X(Leopard)リリース
・CPUにIntel製を搭載したiMac、MacBookProリリース
2007・PDFフォーマットの仕様が決定
・JMPAカラーの普及促進を目的に比較検証キット頒布開始
・IllustratorCS3リリース
・PhotoshopCS3リリース
・InDesignCS3リリース
・MacOS上でWindowsが動作するBootCampをMacOSの機能に搭載
2008・JMPAカラー準拠PDF(J-PDF)のワークフロー発表
・オンライン送稿に向けた委員会設立
・IllustratorCS4リリース
・PhotoshopCS4リリース
・InDesignCS4リリース
・Acrobat 9リリース
・Mac OS X(Snow Leopard)リリース
2009・オンラインシステム検討及び開発開始
・フィルム/紙焼き/平台校正の廃止発表
2010・JMPAカラー運用セミナー開催
・出版社校正の平台校正紙廃止(完全DDCP化)
・IllustratorCS5リリース
・PhotoshopCS5リリース
・InDesignCS5リリース
・Acrobat Xリリース
・Mac OS X(Lion)リリース
2011・出版社校正(DDCP)の廃止
・制作ルール「J1、F1、F2」の廃止(J2、J-PDFのみとなり、JMPAカラー運用統一)
・JMPAカラーベンダーキットVer.3.0リリース
・オンライン送稿サービス開始
2012・制作ルール「J2」の廃止(J-PDFに運用統一)
・Windows環境での運用開始
・IllustratorCS6リリース
・PhotoshopCS6リリース
・InDesignCS6リリース
・Acrobat XIリリース
・Mac OS X(Mountain Lion)リリース
2013・完全オンライン化宣言を発表
・オンラインシステムでの汎用QP運用開始
・オフライン送稿時の色見本添付運用の廃止
・IllustratorCCリリース
・PhotoshopCCリリース
・InDesignCCリリース
・Mac OS X(Mavericks)リリース
2014・JMPAカラーベンダーキットVer.3.01をリリース
・業界でのオンライン送稿を本格開始を雑誌広告デジタル送稿推進協議会名で発表
・Mac OS X(Yosemite)リリース
2015・オンラインシステム導入社向け説明会実施・Acrobat DCリリース・Mac OS X(El Capitan)リリース